SRV お色直し!(その1)

タンクシーラーが乾燥するまで、その他のメンテナンスとして

メンテの基本!オイル交換!(笑)

が…

オイルを抜くと、ガソリンどばどば…

以前にもありました。クランクケース内へのガソリン混入…

ダウンドラフト式キャブレターのオーバーフローにより、

クランクケースへの流入…

おそらく、タンク内の錆が、キャブレター内のチェックバルブに

挟まって、フロートバルブを閉め切れずに

流れてしまったのでは…?

以前にも同様なケースが何度もありましたので、

車両オーナーちゃんの希望により、

根本的になおす目的にて、

タンク内部のコーティングをする事になりました。

以前のケースでは、エアクリーナーボックス内も

ガソリンで浸かった状態でしたが、

今回は、ガソリンタンクのガソリン残量が少なかったのか、

無事のようです。

こちらもメンテの基本…洗車!

初心者にお勧め車両SRV250…

癖がなく素直で車検無し!(笑)

関連記事

コメント

非公開コメント